[PR] SEO対策 徒然なるままにヒグラシ |2015冬春アニメ
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3081] 変身シーンに刮目せよ

『放課後のプレアデス』の記事は、全話見終えたら目を通すことにしま。
自分はどうしても、ひかるちゃんにまず目が行ってしまいましたが、
2話にしてキャラも作風も、何もかもがいいなと思えてきました。

>185cm
あんきらカラオケに、こちらも備えればいいんですね。
  • 2015-09-04
  • 投稿者 : menmer
  • URL
  • 編集

[C3082]

>menmerさん

気に入っていただけたなら幸いですー。
天体とか車とか、色々要素ありますが、
あのメンバーみんなを気に入ってくれたら勝ちです(何

>にょわー☆
最近の悩みは、カラオケで歌いたいのではなく、
カラオケで歌ってくれている横で合いの手を入れたい、
というものです。
あんきらは、歌いますけどw
  • 2015-09-16
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2015冬春アニメ

まだ全部消化していないけど、消化を待っていたら年が終わりかねないし、先に見たのを忘れる、という備忘。

順位は年間でつけるので、ここでの順番は参考程度。ネタバレあるよ注意

------------------------------

アイドルマスターシンデレラガールズ

当初こそメンバーの多さに面食らうも、ユニットあたりから随分面白く見えてきた。

ただまぁ、メインであろうはずのニュージェネのしぶりん以外がちょっと・・・・

他のユニットはわりとどれも好きだし、どの曲も好き。

中間順位はこのような形に↓

きらりん>>>>みくにゃん>みりあ>蘭子>新田おねーさん>>しぶりん>りか>天元理心流(ぉ>その他

ハイスクールD×D BorN

相変わらずだなぁ、これ、よく3期やったものだwww

今回も相変わらずおっpでした、ハイ。

子猫ちゃんの話が今までなかったので、それが見られてよかった。

ただ、我らがギャスパーが、まぁ元々反則的な技の持ち主だったとはいえ常時封じられている状態で出番少なかったのがアレですなw

ちょっと似たような展開が続いていったのがアレだが、概ねいつも通りなのがいつも続いていたんでまぁ、良しとしましょう。

ゼノヴィアも大概だったが、ヴァルキリー加入はほんとひどいな、大丈夫かこれ(通常運転

山田くんと7人の魔女

牧野由依が出ているから、という理由だけで見た作品だったが、予想以上に面白く、予想通りに牧野由依の出番が少ない(悲壮

主人公とメインヒロインがボディチェンジするところから話が始まり、そういった能力が色々あったりするわけだが(バトルではない)、

例えば、ボディチェンジしたときの、声はそのまま、中身が違うといったときの声優さんの演技が天晴。

ストーリーも王道といえばそうだが、気持ちの良い話などですんなり入ってきて心地良い。

全体的に駆け足だったのだけが、残念だったがそれはつまりそれだけ気に入ってたからだろう。

もうちょっとこいつらの話を見ていたかったです。

あと、キタエリ最高でした。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

前期に比べると格段に面白くなった印象、というか結果からすれば前期は配置だったのだね、やっぱり。

ヒッキーがやってきたことっていうのが肯定されているような風潮が前期はあって、

でも認められていない部分もあったので、今後これがうまくひっくり返していくと面白いだろうな、って

前期見た時の感想だったのだが、今期がまさにそれを体現してくれて良かったわ。

ヒッキーがしてきたことを「正義」とか「悪」とかで断罪するのではなく

「何も解決はしていない問題の先延ばし」というヒッキー本人が認めつつ行ってきたことが

まさに波のように一旦引いたものが押し寄せてきて、そのときのメンバーそれぞれの思惑が見ていて惚れ惚れするくらい面白かった。

あと、あやねるのキャラが本当良いスパイスになったな。

キャラもあやねるもほんっとーに最高だわ。

夜ノヤッターマン

タイトルからすると、どこかの◯ボットガールズかと思うくらいエロスを想像してしまうのだが、そうではなかった。

これはなんというか、うまく言葉には出来ないのだが、

大人が見る子供向けアニメ

という言葉がよくあるが、それとは少々異なり、そうだな

子供向けアニメを見て育った大人向けアニメ

だろうか、ちょっと違うかなw

大人になった今、もう一度、正義とは、悪とはなにか、というのを昔見たアニメを鏡に映し考える感じ。

子供の頃ではそこまで考えない、見せなかったようなことも見せてくるようなところが夜(暗闇)=大人向けということなんだろう。

正直、無駄な回やラストに力尽きた感じだけは、ほんっとーに玉に瑕で勿体無いとは思うが、

やはり全体を総じて見るに「夜ノヤッターマン」というタイトルがこれでもかってくらい相応しい一品。

ドロンジョサイドで話が進んでいくっていうのも見応えあったし、ここでもキタエリGJだったし、アイちゃん可愛いし(ぇ。

久しぶりにみたアイちゃんで、劇場版プリティーリズムのなるを思い出したのでしたw

放課後のプレアデス

映画館でマナー映像だけを見るために豊洲まで行ったのはいい思い出。

それから何年が過ぎただろうか、もうだれもが絶望していたシリーズアニメがついに実現したのですわ。

正直あれだ、もうね、もうなんでもいいから アニメ化してくれたということだけでも本当に満足だったわけよ。

で、このアニメですよ。

すっげええええええええええええええええええええ良かった。

ほんと、内容としてはご都合主義的展開で、こまけぇこたぁの世界なのだが、なにせ空に、宇宙に飛び出して欠片を集めていく各ストーリーは、なかなか他のアニメではないくらいのスケールの大きさと、それと各キャラの話のミクロさが逆に良いバランスを醸していて面白いの一言。

すばるを中心に他のキャラの話が展開していき、そのたびにそのキャラを中心に全員が生き生きしている様は本当に輝かしくて、見ているこちら側が、ずっとこのままの関係が続けばいいのに、と思うほどで。

だから、ラストで「何者でもない私達が何者かに成る未来のために、今を終わらせよう」という決意は、どれほどまでの葛藤と、酷な決断であっただろうと。

最後の手を取り合って別れたシーンは正直、東海道線の中で泣かせるんじゃない、おまいら、と。

ほんっと、茶番と言われようがご都合主義と言われようが、あのメンバーが元の世界に戻っても集まる展開であって欲しかったが、そこだけはやはり許してくれず、あくまで「すばるの元いた世界の」あおいちゃんとかで、辛い。

居なくなったわけではなく「自分の知っている、でも違う」友人というのは一体どのような感覚なのだろうか。それでもちゃんと頑張れるすばるが見ていて辛い。

全部観終わった後にもう一度すべて見直そうと思った2話で、あおいちゃんが

「やっぱりオマエは私が知っているすばるだよ」

という言葉を言っていたのが、今はたまらなく辛い。

素晴らしいアニメにしてくれてありがとう、今まで待っていてほんとよかったよ。

5人が5人共たまらなく好きすぎて、誰が一番とか決められない、という意味ではこの作品はまさに自分の中ではオンリーワンとなった言える。

しかしたまーに出てくる車ネタもホント良いエッセンスだったなw

ピピピッ キキィー \ドッ/

SHIROBAKO

とまぁ、正直、1クールアニメのプレアデスがここまでの猛追をしなければ、ほぼ間違いなく今年の不動のNo1であったであろうこの作品。

これはもうほんと、見よう、見てない人は見よう、うん、ほんとこれ。

アニメ制作会社の話なのだが、これがほんっとーに堪らなく面白い。

普段見ているアニメがどういった経過で作られていくのか、そもそも監督と脚本と原案と作画監督と・・・・etc、って何が違って何をどうしているの、とスタッフロールなどを見て思わなかっただろうか。

このアニメはそういうのがよくわかって、しかも、それが単なる説明などではなく、ほんと1つ1つの役割が生き生きしているため、

説明や覚えることなどが大嫌いな自分でも、観終わった時に自然と入ってくるようなそんな感じの室の高いアニメ。

メインのキャラは5人、でサブはどうだろ、20人位出てくるのかな、もっとだったかもしれない。

それが終わる頃には誰がアレでどうで、と自然とおぼえているぐらい各キャラが「生きている」。

時には過去の功績や苦労などのロマン、時には現代の技術や苦境や事情など、時には未来への目標や夢など、様々なものが織りなす、「アニメ制作」という名の生き物のような、そういったものを見せられたような気がした。

なんだか抽象的な言い方なわりに大層なことを言ってしまって、ハードルを上げてしまったような気がしますが、作品自体は本当にフラットにみてよくて、大量のキャラクターや役職などをその場で覚えようという必要はまったくなく、ただストーリーを追いかけていけばいい、それだけのアニメ。

でも観終わった後に、これでもかってくらい色々な感情が沸き立つのですよ。プラスもマイナスも。

それは多分、このアニメが「生きている」からだと思った次第です。

-------------------------------------

いじょ、そんな冬春。

一応、まだ見ていなくて今後見る予定(犬とか)のもありましたが、それは年末にまとめて。

7本だけだったけど、どれも個人的にはウケがよく、ハズれがないどころかほぼ全部当たりといっていいだろう作品達でした。

…夏は…例年通りとなるか、ワンチャンあるか…

2件のコメント

[C3081] 変身シーンに刮目せよ

『放課後のプレアデス』の記事は、全話見終えたら目を通すことにしま。
自分はどうしても、ひかるちゃんにまず目が行ってしまいましたが、
2話にしてキャラも作風も、何もかもがいいなと思えてきました。

>185cm
あんきらカラオケに、こちらも備えればいいんですね。
  • 2015-09-04
  • 投稿者 : menmer
  • URL
  • 編集

[C3082]

>menmerさん

気に入っていただけたなら幸いですー。
天体とか車とか、色々要素ありますが、
あのメンバーみんなを気に入ってくれたら勝ちです(何

>にょわー☆
最近の悩みは、カラオケで歌いたいのではなく、
カラオケで歌ってくれている横で合いの手を入れたい、
というものです。
あんきらは、歌いますけどw
  • 2015-09-16
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

最近の記事

つぶやき

月別アーカイブ

プロフィール

がめ

Author:がめ
音楽・アニゲ・
Ritaちん・スポ中心。
広く深く
あとはテキトーに
住処

視覚→アニメ
聴覚→音楽関係
味覚→オフ・旅
嗅覚→ゲームレビュー
触覚→雑記
第6感→マンガ
第7感→理多ちん関連

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。