[PR] SEO対策 徒然なるままにヒグラシ |Rita's Hour21-アイオライトの夜-
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Rita's Hour21-アイオライトの夜-

そんなわけで、行ってきた、りたじか21。いつもの晴れ豆。

土曜のオオフジツボ&Ritaも行ったけど、この記事は日曜のりたじか。

土曜もよかったですよ、あとでCD買いましたし。オオフジツボお三方のスキルというかグイグイくる演奏力はやはり目をみはるものが有りましたね。

ご機嫌な菜の花とか、焼肉定食とか雷のツボイさんが宇宙離れしていたとか、とりあえず、めっちゃ良かった!(通じない

しかし、ブログの更新頻度が下がっていて、Ritaちん関連の記事もちらほら書けなかったりしていたけど、りたじかは外してないのね、自分でびっくらした。

以下、Ritaちんのブログよりセトリを引用る。

---------------
1. 風の行方 (サウンドストーリーCD「ナジュムの星空」収録)
2. ミニシアター (「MemoRia」収録)
3. えんじ色の二等客車
4. Sincere (「moment」収録)
5. Adenium (Liar-Softアルバム「Salute!」収録)
6. apoptosis (「meaning」収録)
7. カスミカゲロウ (「Salute!」収録)
8. アクアリウムの夜 (真理絵&Rita「Yell!」収録)
9. 嘘ツキ鏡 (カバー)
10. refrain nostalgia (「Mighty!」収録)
11. Psychologiaへの階段 (「星ノ雨Ⅱ」収録)
12. Cage (「星ノ雨」収録)
13. No Man's Land (サウンドストーリーCD「ナジュムの星空」収録)
14. Achernar
15. 夜明けのうた
16. tender feel
17. 君がいるかもしれない (「星ノ雨Ⅱ」収録)
18. I Will (「MemoRia」収録)

Enc.1 しあわせのみつけかた (「moment」収録)
Enc.2 Little Busters! -Little Jumper Ver.-

W Enc. 風の吹く方へ (「MemoRia」収録)


Vocal Rita
Guiter & Arrengement Mitsuhiro Ohta
Piano Masaru Sato
Percussion & Digital Effects Kenji Yoshiura

at Haretara Sora ni Mame Maite Daikanyama 2014.8.10
---------------




……



………せーの、



apoptosisキタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!




もはや、このためだけにこの記事を書いたといっても過言ではな・・・・いと思う、いや、もちろん他の曲も素晴らしかったんだけど、これだけはちょっと別枠というかね。

そう、思い出というか、まぁ別に大事件があったわけじゃないけど、ちょうどこう、右肩下がりのときに聴いていた曲だったりしたので、大好きなんですよね、この曲。

まぁ落ち込んでる時って本当は明るい曲とか応援曲とか聴いて元気出すものだと思うけどwなんというか、そのときはこの曲と「共に過ごして」いました。もう、ほんと最高。

で、この曲と「カスミカゲロウ」のレイルソフトコンボだったもんだから、もう最高潮も最高潮。

思わず、その後の曲間のMC中に後ろに座っていたつかちゃんと「GJ!!」したほどに。

この2曲以外のセットリストでもAdeniumをはじめ、風の行方、Sincere、Cage、tender feel、I Willなど、自分は好きだけど、最近ご無沙汰であったり、また聴きたいな、っていう曲だったりが多かったのが\すばら/でしたわ。

I willは生で聴くたびに好きになっていくわ。段々と慣れて生でも歌詞が入ってくるようになったからかな。ほんといいこの歌詞。

今までの流れを受けて「君より大事な夢など無い」あたりがピーク。最後の一節もまたなんというか・・・いいわ。

真摯に受け止めすぎると、3日間くらい家から出たくなくなるけどなっ!!w

アッデは何度聴いてもいいね。Sincereもtender feelも思い出深くてたまにでもいいから聴きたい曲。

それと今回のライブでもうひとつ良かったところは、いままでそれなりにしか聴いてなかった曲が今回のライブで聴いてみて「あ、これってもしかして良い曲なのでは」と思う、そんなことが多かったこと。

今までのライブでもたびたびライブで聴いてみて好きになったていうことはあったけれど、今回は特にソレが多かったように思える。

前述のI will(これはまぁ元から好きではあったけど更に、という意味で)をはじめ、アクアリウムの夜、嘘ツキ鏡、Psychologiaへの階段、Achernar、君がいるかもしれない、など今回のライブを受けて好感度↑が多数。

嘘ツキ鏡なんて、原曲は自分で音源持ってるくせして、大量の曲に埋もれて全然聴いてなかった曲だったりした。ほんと勿体無いことしてるな、っと痛感した。やっぱり持ってる曲数じゃないわ、それらをちゃんと聴いてるかどうかが重要ですわ。

他にもこの曲と同じく埋もれていて、でもちゃんと聞いてみれば良い曲だ、というのはもっとあるはずで、今後は新しい曲を手に取りつつも、持っている曲をもっとじっくり聞くべきだとも思ったり。

Psychologiaへの階段は歌詞の一節「見えるけど遠く 見えないけど近く 全ては信じていないせいさ」が心にストンと落ちてきた。前後もあったり、歌で聴かないと全然伝わらないと思うけど、これは良い曲ですわ。

Achernarはもう、これでもかってくらい晴れ豆向きです、エスカータと同じくらい、あ、カスミカゲロウとかもねw

アンコールは定番の2曲。やっぱこれだねー(ry。新しい曲、ご無沙汰な曲など大歓迎ですが、こういった定番の曲も少しあるとホッとしますわ。

ちなみに、つかちゃんが新幹線の時間があるというので、アンコール2曲きけるか微妙、という状態で。

最後の最後まで粘りに粘り、ついにLittle Busters! -Little Jumper Ver.-まで聞き届け「それじゃ!!」ってダッシュで会場を後にし、自分としても「ああ、最後までちゃんと聞けてよかった」と、つかちゃんのを見送ったものの

まさかのWアンコール勃発。

しかも曲がアリスマやIt's just a farewellではなく、まさかの「風の吹く方へ」だったものだから

ひとりで「うわあああああああああつかさうわああああああああああああああもどってこいいいいいいうぇwwっうぇwwwwww」してたw

いやぁしかし、なんだかこう、新鮮な終わり方。こういう終わり方、良いと思います。

いまこうして歌詞を改めて見ていると、勝手な想像だけど、すっごい「彼女」と「歌」が見えてきて、あ、やっぱ10周年記念のアルバムの〆の曲なんだなって、実感する、え?今更とかいわないで、ごめんなさいw

ちなみに「風の行方」で始まって「風の吹く方へ」で〆たのは意図していたことでしょうか、どうなんでしょうかRitaちん!(虚空へ

と、そんなわけでりたじか21話でした。

年齢を重ねたせいか、ライブ行くのに重い腰を上げるような感覚になりつつあるけど、それでも行ってみればこうやってほんと色々なものをいただけるのだから、やっぱりビールとスポーツと音楽は生に限るよね!

毎度毎度、ほんっとーに素敵な時間をありがとうございました。

\はぴなる/

今回の発見:視点が高くよく見えるadvantageのために脚をsacrificeする修羅の道・・それが「ZASHIKI」

…まぁ、椅子は椅子で結局、尻をsacrifice(もういい…

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

最近の記事

つぶやき

月別アーカイブ

プロフィール

がめ

Author:がめ
音楽・アニゲ・
Ritaちん・スポ中心。
広く深く
あとはテキトーに
住処

視覚→アニメ
聴覚→音楽関係
味覚→オフ・旅
嗅覚→ゲームレビュー
触覚→雑記
第6感→マンガ
第7感→理多ちん関連

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。