[PR] SEO対策 徒然なるままにヒグラシ |2010九州遠征記
FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2717]

正直写真を見てゾッっとした。よく死ななかった。
心の底からそう思うわ。

あとよくこの岩壁登ったねw
あんたほんとすげーよw


あとネタにしすぎですww
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : ゎち☆
  • URL
  • 編集

[C2718]

ゎち☆さん>
いやぁ、なんだかんだいっても、やっぱり無事に帰ってくれたってのがなによりですよ。だからこそこうして面白おかしくできてるわけですしねw
>岩壁
その道の人からすればたいしたことないのでしょうけど、初心者の自分には変なアトラクションより数倍も怖かったですw
一番怖かったのはやはりなんといっても途中での撮影w
>ネタ
愛されてますよ、貴方wただ車走らせてるだけでコレですよw
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2719]

これはきっついな…がめたんはもっと讃えられても良かったと思う…
お疲れ様でした、上条さんがみんなの共通話題になって良かったですw
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C2720]

>「もう自分ら先降りるから。頂上目指してもなんもないから。上ばっかみちょらんでとっとと横から道を探してくれ。」

正確には「あのさ、もう自分ら先降りるから。頂上目指しても待ってないし、誰もいないからさ。あと上なんて絶対登れないから横に入って道を探してくれ、最後に言っとくけど退くことも勇気だからね。」ガチャッでした。

正直この言葉が無ければ、自分は現実に引き戻されていなかったのでとても感謝しています。
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C2721]

佳織さん>
きついっすけどまぁ自分の場合は、他の人もできてるんだっていう思いがあった分だけ気は楽だったっすねw
ほんと、まさかの上条さんでしたねw
>電話
おお。そんな感じだったですかw正直、冷静に対処するつもりが若干頭に血が昇っていたのでうまく言えた感じもなかったのですが…結果としては良い方向に行ったようでほんとなによりです。
自分も今度からは、せっかく持ってる知識なんだから、ちゃんと使いこなして危険回避したりという風にしなきゃな、と猛省でありました。

…あ。あと。あらためまして。ホスト役ありがとうございました~。今度は朝霧と!カツ!(まだ食う気
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2722]

うおお…マジ絶景やん…。光速で保存するぜ…!
以前飛行機から観た景色のことを話したと思うけど、まさにこんな感じだった。下の雲を海に見立てるとなんとも幻想的!奮えるぜ…。

てかあれだ、頂上は想像してた以上に崖なんだな。崖っぽいじゃなくて、崖だと思う。ほんとよう登ったもんだw

しかしこの写真見て改めて思ったわ。やっぱりいつかリベンジしたい。もちろん今度は準備もちゃんとしてね。
とにかく無事登頂してくれてありがとう!マジ良い写真だわ。
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : ぴざ
  • URL
  • 編集

[C2723]

ぴざさん>
絶景やで!地面は地平線、海は水平線。ともすればこれはなんというんでしょうかね!?
信じられるかおまい…これが360度なんだぜ…
西峰はオススメ出来ないが東峰は崖っぽいのはなく普通に歩いていける(それでもきつい斜面はあるっぽい)らしいのでそっちならイケるんじゃないかな!高さは見た目かわらんっぽかったしね!
すっげー高い山っつーわけでもないし、日頃から少しトレーニングして、んで普通に装備していけば頑張れると思うよ!
今度は快晴での写真を期待してるずぇ!
  • 2010-11-06
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2724]

今年の九州遠征は

・上条さん
・咲耶ババア
・単なる近所のガキ

の3本でお送りしました。
  • 2010-11-08
  • 投稿者 : いじめない方のじいや
  • URL
  • 編集

[C2725]

>じいぃ
完全に帰りの車内のことだけで完結しましたネ!
しかし単なる近所のガキがマジで秀逸でしたwww
  • 2010-11-09
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2726]

超乙でした。


がめたんと車に乗ると楽しそうなんだが、日記見る限り間違いなく話に追いていけてないというね(´・ω・`)



そしてあえて登頂の話はしないでおこうという電話に出てくれなかった君への密かな仕返しw





















写真、綺麗じゃないか。


よく頑張った!!
  • 2010-11-11
  • 投稿者 : ち
  • URL
  • 編集

[C2727]

ちょとさん>
超乙でした。
いやいや、話題にバリバリついていけるじゃないですかw
上条さんとシスプリとカタハネしか話してませんよw
>仕返し
おちょとさま!ラブよ!
  • 2010-11-11
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2010九州遠征記

というわけで九州なんてものに行ってきた話である。

先に行っておくけど参加者の皆様お疲れ様!ホストの佳織さんも毎度のことながらありがとうございました!!

さて、他のみんなも書いてるので、あえてスポットの当たらなかった場所を重点的に振り返る。

だって、自分がスポット当たらなかったわけだしね!!

-----------------------------

まずはぷらっとに乗ってOGKへ。鈍行よりは早いとはいえ、新幹線は早いというイメージからか、こだまの遅さがパネェです。

758についてアミたんと合流し、その後OGKにてカデシュさんともう一人だれかいたような気がしなくもないが…つかちゃんが合流。晩飯食って車で九州に向けて出発。やはり800弱ってのは大変じゃのうw

高速の道中、ハイエースに抜かされるたびに「ハイエースさん!」「VOXYさん!」

VOXYに抜かされるたびに「VOXYさん!」「ハイエースさん!」

を連呼する一同。

それどころか、トヨタの店が見えるだけでつかちゃんが噴き出す始末。

愛されてるね!ハイVOXYさん!(誰

自分は西宮から福山県まで運転。発進時は幻想アンダーグラウンドを流し

が「はなのよぉぉぉにぃぃぃまうよぉぉぉにぃぃぃとぎれぇぇぇええええ(ry」

一同「だんでぃぃぃぃ!!!だいすきだぁぁぁぁぁ」

してたw福山SA降りたところでは

アミたん「えーっと、ここどこらへんですか?」

が「福山県だよ。」

ア「え…?それってどこですか?」

が「だから福山県だって。知らないの?岡山県と広島県の間にあるじゃん」

ア「…?そ、そうでしたっけ?」

それからアミたんに運転交代。とりあえず車内BGMで夢色にエールをおくってファンファンしてたりとかなんとかふわふわふんわり。

途中、夜明けでみた宮島県が綺麗だった。広島県と山口県の間にあるところね!やっぱり宮島は秋に限るね!(馬鹿

そして一旦日本を離れて九州帝国へ。途中、自分が運転中に工事による車線規制のため、プチ渋滞が発生しており、自分の車線がなくなるので、左車線に行きたかったので

が「アミたんごめん。わるいけど左に車線変更したいんだけど車詰まってるからさ。

そっちの助手席側から後ろの車にちょっと譲ってくれってサインだしてくれる?」

ア「わかりました!」

ガチャッ!!

が「!!ちょ!!なにしとんwwww」

アミたん…なんで窓じゃなくてドア開けるんだよ…めっちゃあぶないぢゃないかw

おかげでとなりの車線の車は譲ってくれたけど…つーかまぁいきなりドア開いたらそりゃ譲るよなw低速走行中でよかったです…高速走行中なら下手すると助手席のドアが亡くなってましたw

ややもしてYHIN到着。佳織さんと合流し、とりあえず先週のオーズの録画を見てるうちにピザ氏も到着。親子丼とゆふいんバーガーを食す。

そのときのゆふいんバーガーのおっちゃんと少ししゃべったんだが。が「ここ、2年前にも来て食ったんですよ~」といったらなんかこの店自体はまだ3年目くらいで自分らが行った頃はつまりまだそこそこ開業したての頃だったらしい。なんだか少し親近感を覚えたwつぎはすぺさるを食おうそうしようw

メシ後は風呂。なんとかブルーのめずらしい色の温泉だとか何とか。そういううんちくをなにも覚えてない残念な子でしたw風呂上りのまったり具合がパネェ中、一人、意気揚々とお上品な話をしていたような気がしなくもない…サーセン。温泉だけに水に流して

湖にいってまったり。あひるのアイスカップ争奪戦が面白かった。というか入場からしてまず面白かった。そう、このあひるたちこそ今回のMVP、そう思っていた時期も自分にはありました

晩飯は大量のご飯で。疲れと昼飯の遅さで腹が余り空いてなかったのがもったいなかったな…。佳織さんが残りはおにぎりにするって言ってたものの、あまりの握りの上手さに居ても立ってもいられなくなり自分も参戦。

一つだけ高血圧仕様のおにぎりを作成するも、のちに食したちょとさんには効かなかった模様。パネェっす。

いつのまにか覆面氏とちょとさんも合流してた。正直この夜何していたか覚えてないがとりあえず出席番号31番には気をつけたほうがいい。

あと、しましまをぷにぷにしようとして2度もゲームオーバーをくらった(ぉ

翌日は、絶景の朝霧が見れるということで、みんなをおいて佳織さんとデート。そのときについでにと今日使う登山道の体験版をしてきた。(フラグ。結果からすれば朝霧は見れなかったのだが…残念。

いちおそのときの写真。クリックすればでかくなるはず。ついでに前日の夕暮れ写真も。

これで霧がかかれば!(キリッ

水鏡だけでも十分美しいといえばそうですなwこれに霧がかかるってんだからさぞ凄いのだろう。

マゼンタとシアンが混ざる中で太陽拳ごっこしてました

丁度いい時間にいきましたな。夕日がみるみる沈んでいくのがわかったとかなんとか。

--------------------------------

ほいでもって、この日はハイキング。もとい、登山。もといs(ry

途中、ルートの分岐があってそこで8人は4人に。

途中、一人が足を痛めてそれに付きそう形で4人は2人に。

途中、西と東の山頂への道への分岐地点で一人がこの後の下山と足の状態を考慮し2人は1人に。

結論から言えば登頂者は自分だけだった。

おや?と君たちは思うだろう。分岐した4人はどうしたのだろうか、と。

そうそう、そうなんですよ。きいてくださいよ。そうそうそれですそうなんです。

詳しい話は分岐組の方を参照してくれ

第一報で右ルート組はとりあえず上をまっすぐ目指すからそっちも頂上目指してくれ、とのことだった。しかし山はまっすぐ上を目指せるはずもなく、いずれ頓挫するのも目に見えてる。なんとかパニくらせずに現実をわからせる方法はないかと思案していると、ふと、つかちゃんがギスったつぶやいた!

つかさ「寒い。降りたい。」

SO☆RE☆DA

アミたんに電話を掛けるとなんだか佳織さんが暴走しているのが読み取れたので、ここらへんで、がめたんの怒りが有頂天に。

がめ条「いいぜ。てめえが何でも思い通r(ry。まずは そ(ryげ(ryぶ(ry!!」

怒鳴っても不安感煽るだけなので落ち着いた口調ながらも全身全霊を込めた怒気で、内容的には「もう自分ら先降りるから。頂上目指してもなんもないから。上ばっかみちょらんでとっとと横から道を探してくれ。」みたいな内容だったと思う。詳細はよく覚えてないwクールながめたんのイメージはここに終えたのだった。

一方自分らはというと山頂手前の東峰ルート、西峰ルートの分岐点でつかちゃんがギブ。自分はというとここまできたのだから、と西峰の山頂を目指すことに。

そこでまさかまぁ、岩壁登らされるとは思いませんでした

高所恐怖症ではないといえどさすがにロッククライミングの経験なんてもちろんなく、鎖場といえど、キツい斜面などではなく本当に岩肌(ガケ)を登るのはじめてだった。

でも…多分右ルート組ももう山頂登れないだろうし…ここで自分が諦めたら…敗北で終わってしまうじゃないか…でも…ここで踏み外したら岩場真っ逆さま…どうしよう…!と数分の葛藤があったとか。

岩肌の全体を見渡し足場のシミュレートを重ね、いけるという結論に至った。

が「いいか…冷静になれ…ひとつひとつ手順を確認しろ…そこはYESなのかNOなのか…どちらかわからないならそれはNOだ…絶対ここで死ぬなよ…自称エンターテイナーを名乗るなら…そうだ…あの失敗だらけの動画を残したままで死ぬのかおまえ?…理多ちんのメッセージカードも受け取らないまま!(多分当選しないw)…まだスチパンライブだっていってないだろ(まだ当落通知はきていない)…ああ、そうだ…冷静と情熱のあいだ、だよな(謎…ぶつぶつぶつ」

っと一人ぼそぼそつぶやきながらなんとかなんとか登頂に成功いたしました。いや↑冗談に聞こえるだろうけど実際あの場に立てばこのくらいガチになるよww

山頂からの風景は絶景で、一応みやげ話にと写真をかなりとったが、余韻に浸るまもなく、下に待たせているつかちゃんや、いまだ先の見えない4人のこともあるのでそうそうに下る。また下るというのが登りよりも大層怖くて↑のような自戒の言葉をまたぶつぶついいながら(ry

つかちゃん合流後、山を下っていると、実は残り二人の組の電話に気づいてなかった(正確にはこちらは鳴ってなかった)と余計な心配をかけさせたり、4人が道に戻れたという一報が入ったりで下山。

温泉は気持よかったし、ビールは美味しかったです^^

「がめたん、山頂登ったんだよね!!どんな景色だった!!?」

なんていう会話があろうはずもなく、一同は右ルート話ばかりだったとかなんとか。

いいのさいいのさ。無事が一番さ。結構命張ってガチで登り切った人なんてそれにくらべれば屁みたいなものですよ(ギスギス

そんなわけでここで公開して少しは慰めをもらおうと思うwサムネはクリックでおっきなりますえ。

上から斜面をみた図その1

斜面を見た図その2。見えてない部分から登ってきましたw

斜面をうつした図。明らかにまっすぐ山頂がむりげーってのが分かるw

西峰から東峰をみた絵

東峰をうつした図。そこそこゆるやかにみえ…るかな?wあっちは普通に歩いていけるらしいし。

航空写真ぢゃないよ1

航空写真ぢゃないよその2

航空写真ぢゃないよ3

航空写真ぢゃないよ4

航空写真ぢゃないよその5

航空写真ぢゃないよ6

航空写真ぢゃないよ7

航空写真ぢゃないよ8

四方向を写すの図。足元映ってない写真みると飛行機からの映像とかにみえなく…もない?w

方角によって、一面雲ばっかりだったり、そっから別の山がでていたり、切れ間から日差しが覗いていたりとか。

ちなみに写真よくみればわかる…かな?wあと数歩でガケの位置から撮影w

足がすくむ×2www

雲の切れ間から麓を見る1

雲の切れ間から麓を見る2

タイミング的には微妙だったんだけど、出発した麓があんなにちいさいってのもなかなかおもしろいもんですなぁw

山頂についたという証明とかw

こっから縦写真。いちおこれとっておかないと疑われかねないwべつにそれでもいいんだけどw

鎖がいい感じにぷらーんとね

で、問題の鎖場。本当に↑にいかされる。なんとなくこれみると歩いていけそうに見えるかもだけどわりと普通に崖登りですw

本当は全体図写したかったんだけど、これ以上引けない(これ以上後ろがガケ

今思えば切れてもいいからこの上半分も取ればよかったw

くさり、なぅ(ワロえない

鎖場の比較的ゆるやかなところで撮影。こうして見るとガケってほどにも見えな…そうでもないか?w

でもここで片手離してケータイとりだして撮影するのも結構こわいよwケータイ落としてもアウトだしねw

…がんばったよ、自分。ねぇ、褒めて?

-------------------------------

夜は主に今回の反省会など。疲れが溜まっていたのか、ピザ氏とのピロートークもほどほどに落ちる。

最終日はカツ、ゲセ、寿司で解散。

カツは美味かったんだけど、やっぱり口蹄疫の影響がちらついて複雑な気持ちになった。

まぁやっぱりクッソ美味かったんだけどね!!wていうかもう食いたくなってきたよw

ゲセではQMAでヒロイン検定。ヲタ猛者どもの集まりにおいて、Sランクなどこれほど簡単なものなのかとみんなのカードをすべて連続でSにするwww

ついでにやったRPG検定も問題に恵まれSランクとってしまう始末wなんという簡単な検定だろうかw

寿司屋ははじめていったところだがめっさうまかった。おしむらくは昼間のカツが残っていて存分に食えなかったということだろうか。今度行くときは昼の時間というのも少し考えるとしよう。

情報伝達が行き届いておらずだらだらな解散wその後は交代で運転。どっからどこまで運転したかは覚えていないがおそらく山口から岡山あたりだろうか。一旦寝落ちしてから、カデシュさんの運転時にアミたんの寝落ちのため自分が助手席へ。

最初こそまったりと、自分の、義妹、いいんちょ、銀髪、八重歯、片目隠し、の属性の魅力についての談義をしていたところ、なんだか話がそれていき。

主人公をおじいちゃんにした、シスタープリンセスや、シスターじゃなくおばあさまがヒロインなバスタープリンセスの話に。画太郎がかぶったときは正直どうしようかとw

そしてどちらをとっても、咲耶が最強という結論だったw

後部座席で若いふたりが寝てるにもかかわらず運転席&助手席の二人が大爆笑に包まれ、さすがにこれは二人にも運転にもまずいということで曲をRitaちんに切り替えクールダウンを図る。

プリンセス話のあいだ、アルバムまるまる1枚再生していたはずなのにまったく聴いてなかった二人であったが、さすがにRitaちんともなればまったり聞けるのであった。





が「ふぅ。

あっつぅ。いや、さすがにちょっと熱気がこもってるな。

まずは この空気を 入れ替える

二人「………。

ちょwwwぶはwwwww

…単体で聞いてもちっとも面白く無いと思うだろうが、あのときの流れでこの何気なく発した一言はすでに出来上がってる二人には十分すぎるほど十分だったw

カデ条「たしかに!たしかに高速道路では爆笑してもよかったかもしれない。

…だがな!いまは一般道なんだ!www」

がめ条「話が(運転と)噛み合ってないなwwww」

カ「まずは この宝石を 入れ替える!ww」

が「ちょwwwねたばれwwww」

カ「そして、指を組み替えるwwww」

が「やめれww名作が汚されるwwwもう終わりじゃねーかwww」

カ「忙しい人のためのカタハネwww」

が「まずは その白い羽と黒い羽を つけ替えるwww」

カ「それはどうなのwww」

が「ていうか大体あいつは、「幻想を入れ替える」としか言ってねーだろwww」

カ「入れ替えるなんてひとことも言ってねーよwwww」

そんなこと言ってる間に到着。正直西宮から盛り上がってOGKまで一瞬だったわw

仮眠のち解散、アミたんとともに高速バス。ぷにぷにしていたらアミたんにつんつんされてみると、浜名湖がすごいことになってたりした。

バスが到着して少し微妙な時間だったが疲れもあるし生存報告もあるからということでここで解散。

そんな今回の九州遠征でした。

今回のMVP:上条さん

…まずは 今回のMVPを 入れ替える!(無事終…

11件のコメント

[C2717]

正直写真を見てゾッっとした。よく死ななかった。
心の底からそう思うわ。

あとよくこの岩壁登ったねw
あんたほんとすげーよw


あとネタにしすぎですww
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : ゎち☆
  • URL
  • 編集

[C2718]

ゎち☆さん>
いやぁ、なんだかんだいっても、やっぱり無事に帰ってくれたってのがなによりですよ。だからこそこうして面白おかしくできてるわけですしねw
>岩壁
その道の人からすればたいしたことないのでしょうけど、初心者の自分には変なアトラクションより数倍も怖かったですw
一番怖かったのはやはりなんといっても途中での撮影w
>ネタ
愛されてますよ、貴方wただ車走らせてるだけでコレですよw
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2719]

これはきっついな…がめたんはもっと讃えられても良かったと思う…
お疲れ様でした、上条さんがみんなの共通話題になって良かったですw
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C2720]

>「もう自分ら先降りるから。頂上目指してもなんもないから。上ばっかみちょらんでとっとと横から道を探してくれ。」

正確には「あのさ、もう自分ら先降りるから。頂上目指しても待ってないし、誰もいないからさ。あと上なんて絶対登れないから横に入って道を探してくれ、最後に言っとくけど退くことも勇気だからね。」ガチャッでした。

正直この言葉が無ければ、自分は現実に引き戻されていなかったのでとても感謝しています。
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : 住職
  • URL
  • 編集

[C2721]

佳織さん>
きついっすけどまぁ自分の場合は、他の人もできてるんだっていう思いがあった分だけ気は楽だったっすねw
ほんと、まさかの上条さんでしたねw
>電話
おお。そんな感じだったですかw正直、冷静に対処するつもりが若干頭に血が昇っていたのでうまく言えた感じもなかったのですが…結果としては良い方向に行ったようでほんとなによりです。
自分も今度からは、せっかく持ってる知識なんだから、ちゃんと使いこなして危険回避したりという風にしなきゃな、と猛省でありました。

…あ。あと。あらためまして。ホスト役ありがとうございました~。今度は朝霧と!カツ!(まだ食う気
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2722]

うおお…マジ絶景やん…。光速で保存するぜ…!
以前飛行機から観た景色のことを話したと思うけど、まさにこんな感じだった。下の雲を海に見立てるとなんとも幻想的!奮えるぜ…。

てかあれだ、頂上は想像してた以上に崖なんだな。崖っぽいじゃなくて、崖だと思う。ほんとよう登ったもんだw

しかしこの写真見て改めて思ったわ。やっぱりいつかリベンジしたい。もちろん今度は準備もちゃんとしてね。
とにかく無事登頂してくれてありがとう!マジ良い写真だわ。
  • 2010-11-05
  • 投稿者 : ぴざ
  • URL
  • 編集

[C2723]

ぴざさん>
絶景やで!地面は地平線、海は水平線。ともすればこれはなんというんでしょうかね!?
信じられるかおまい…これが360度なんだぜ…
西峰はオススメ出来ないが東峰は崖っぽいのはなく普通に歩いていける(それでもきつい斜面はあるっぽい)らしいのでそっちならイケるんじゃないかな!高さは見た目かわらんっぽかったしね!
すっげー高い山っつーわけでもないし、日頃から少しトレーニングして、んで普通に装備していけば頑張れると思うよ!
今度は快晴での写真を期待してるずぇ!
  • 2010-11-06
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2724]

今年の九州遠征は

・上条さん
・咲耶ババア
・単なる近所のガキ

の3本でお送りしました。
  • 2010-11-08
  • 投稿者 : いじめない方のじいや
  • URL
  • 編集

[C2725]

>じいぃ
完全に帰りの車内のことだけで完結しましたネ!
しかし単なる近所のガキがマジで秀逸でしたwww
  • 2010-11-09
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

[C2726]

超乙でした。


がめたんと車に乗ると楽しそうなんだが、日記見る限り間違いなく話に追いていけてないというね(´・ω・`)



そしてあえて登頂の話はしないでおこうという電話に出てくれなかった君への密かな仕返しw





















写真、綺麗じゃないか。


よく頑張った!!
  • 2010-11-11
  • 投稿者 : ち
  • URL
  • 編集

[C2727]

ちょとさん>
超乙でした。
いやいや、話題にバリバリついていけるじゃないですかw
上条さんとシスプリとカタハネしか話してませんよw
>仕返し
おちょとさま!ラブよ!
  • 2010-11-11
  • 投稿者 : がめ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

最近の記事

つぶやき

月別アーカイブ

プロフィール

がめ

Author:がめ
音楽・アニゲ・
Ritaちん・スポ中心。
広く深く
あとはテキトーに
住処

視覚→アニメ
聴覚→音楽関係
味覚→オフ・旅
嗅覚→ゲームレビュー
触覚→雑記
第6感→マンガ
第7感→理多ちん関連

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。